OPMA
PRAISE-NETログイン
PRAISE-NETとは
行政通知情報検索とは
PRAISE-MAILとは
委員会情報とは
講演会等受付システム
講演会等受付システムとは
協会の活動
会員会社一覧

会員会社一覧

関係会議室
おくすり相談Q&A
第十五条改正日本薬局方医薬品各原案作成要領の実務ガイド
関係名簿
リンク集

リンク集
大阪治験ウェッブPMDAメディナビ
医薬情報担当者(MR)のクールビズ等軽装での訪問についてPMDAメディナビ

 

HOME>お知らせ


お知らせ
研修講演会 「第十七改正日本薬局方第一追補について」開催のご案内

s
 

大薬協発第341号
平成29年9月20日

日薬連関係団体 各位
会     員 各位

大阪医薬品協会
技術研究委員会

研修講演会 「第十七改正日本薬局方第一追補について」
開催のご案内

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は当協会の業務運営に格別のご高配を賜り厚くお礼を申し上げます。
さて、本年秋頃に第十七改正日本薬局方第一追補が施行されることから、第一追補の告示に至る経緯やその概要、第十八改正日本薬局方に向けての課題等々に関する標記研修講演会を日本製薬団体連合会との共催で開催する運びとなりました。
つきましては、本講演会に参加をご希望される方は、11月7日(火)までに、大薬協ホームページ上(http://www.dy-net.or.jp/)の「講演会等受付システム」にて、お申込頂きますようご案内申し上げます。
また、当日は会場からの質問を受付ける時間はございませんので、質問されたい方は、10月6日(金)までに別紙の質問記入用紙にご記入の上、大薬協事務局(担当・市坪)あてE-Mail(ichitsubo@dy-net.or.jp) にてご送付頂きますようお願いいたします。

敬白

1. 日 時: 平成29年11月14日(火) 13時〜16時30分

2. 場 所: 大阪商工会議所 国際会議ホール(電話 06-6944-6268)
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8<別添案内図参照>

3. 受講料: 当日受付にてお支払ください。事前振込はお取り扱いしておりません。
大薬協会員会社 4,000円(消費税込み)
上記以外の会社 7,000円(消費税込み)
*当日は、受付が混雑することが予想されますので、釣銭が出ないようにお願いいたします。

4. 定 員:700名(定員になり次第受付終了となりますので、予めご了承ください。)

5. 申込方法:受講を希望する方は下記の手順でお申込みください。
大阪医薬品協会HP http://www.dy-net.or.jp/ 講演会等受付システムよりお申込みください。  

【申込操作の説明】(登録されていない方でも登録料は無料です)
・PRAISE-NETに登録されている方 ⇒ ID、パスワードをご入力頂き、ログインしてからお申込みください。

・PRAISE-NETに登録されていない方⇒ (大薬協、東薬工、製薬協のいずれにも加入されていない方やIDをお持ちでない方)はメールアドレスをご入力のうえ送信ボタンを押してください。
後ほどご送信されたメールアドレスに申込み案内が届きますのでお手続を進めてください。

6. 申込期限及びキャンセル:平成29年11月7日(火)まで

◆事務手続きの関係上、キャンセルは申込期限までにお願いいたします。

7.本件問い合せ先:大薬協事務局(電話 06-6231-9191 市坪まで)
当日、会場内での撮影及び録音はご遠慮願います。

第十七改正日本薬局方第一追補について
プログラム

研修講演会プログラム(講演時間:13時 ― 16時30分)

13:00−13:05 挨  拶
大阪医薬品協会 技術研究委員会 委員長 五島 隆志

13:05−13:35 第十七改正日本薬局方第一追補施行について
厚生労働省 医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課 主査 水野 智雄 先生

13:35−14:05 第十七改正日本薬局方第一追補の概要および昨今の動向
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 規格基準部 医薬品基準課 課長 安藤 剛 先生

14:05−14:25 日本薬局方に関する今後の課題等について
厚生労働省 医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課 主査 水野 智雄 先生


  (14:25−14:40  休 憩 )

14:40−15:10  第十八改正日本薬局方に向けての課題について
国立医薬品食品衛生研究所 副所長 奥田 晴宏 先生

15:10−15:40  医薬品の元素不純物ガイドライン(ICH Q3D)の日局収載に 向けた一般試験法の検討について
              国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 室長 加藤 くみ子 先生

15:40−16:10  微生物迅速試験法の今後について
国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部第一室 室長 菊池 裕 先生

16:10−16:30  質疑応答 出席演者

以上

大薬協会員会社あての案内文書(PDF)
・質問記入用紙はこちら(Wordファイル


copyright(c) 2004 Osaka Pharmaceutical Manufacturers Association. All rights reserved.