近年、「患者中心の医療」が提唱され進展する中、医薬品医療機器総合機構による「患者向医薬品ガイド」並びに副作用が疑われる症例情報の更なる開示、また医薬品関連図書やインターネット上の医薬品情報サイトの増加等、患者・家族にとって医薬品・医療機器の情報が益々身近なものとなって来た半面、誤った情報の氾濫も見受けられます。

このような環境変化に伴い、より一層の情報を求められる患者・家族、一方で情報から不安や誤解を生じられる患者・家族も居られ、関連する企業に詳細な情報を求められる頻度が更に多くなる傾向にあります。

こうした中、当研究会は企業の中で直接患者・家族に接する機会を持つ立場にある会員が、医薬品・医療機器の適正な使用に必要な情報を皆様に判り易く適切に提供する為、種々の情報共有並びに対応技術研鑽の場として活動を行なっております。

(平成29年4月1日現在)

No
会社名
1 小野薬品工業
2 田辺三菱製薬
3 日本新薬
4 武田薬品工業
5 アストラゼネカ
6 参天製薬
7 塩野義製薬梶@ 
8 大日本住友製薬
9 アルフレッサ ファーマ
10 椛蜥ヒ製薬工場
11 沢井製薬
12 サンスター
13 且O和化学研究所
14 JCRファーマ
15 千寿製薬
16 武田テバフーマ
17 東和薬品
18 ニプロ
19 日本イーライリリー
20 日本臓器製薬
21 バイエル薬品
22 扶桑薬品工業
23 潟rーアイメディカル
24 丸石製薬
25 マルホ
26 祐徳薬品工業
27 全星薬品工業