Q
47.
点耳薬の保管で注意することは?
A

薬には、温度、湿気、光などの影響を受けやすいものもあり、薬の保管は、医師・薬剤師等の指示もしくは、薬袋や説明書などに書かれている保管方法にしたがうことが大切です。なお、薬袋や説明書なども薬といっしょに保管されることをお勧めします。できれば、気密性がよい缶やプラスチックの容器に入れ、子供の手の届かない所に保管するとよいでしょう。

もし冷蔵庫で保管される場合には、冷たくなっている点耳薬を冷たいままでさしますと、めまいを起こすことがありますので、手で暖めてできるだけ体温に近い状態にしてから使いましょう。