Q
32.
痛風発作がおさまっているが、薬を飲み続けなければいけないの?
A

痛風の薬には、発作時の痛み止めや発作予防として一時的に飲む薬と治療のために継続して飲む薬があります。

痛風は発作がおさまってからの治療が重要です。治療を継続できるかどうかにより、その後の経過に大きく影響しますので、主治医の指示にしたがって薬を飲み続ける必要があります。この病気が慢性化してくると、痛風結節というコブができたり、腎結石、尿毒症を併発したり、心臓病をおこすこともあります。痛風の治療は、長期間にわたります。痛風の方は、発作がないと病気を忘れてしまうことが多いのですが、規則正しい薬の服用と食事療法・運動療法が大切です。主治医とご相談されて適切な治療を続けられることをお勧めします。