Q
31.
降圧薬(高血圧の薬)は服用を開始したら、一生飲み続けなければならないの?
A

高血圧の治療は長期間にわたりますが、この治療にあたっては、降圧薬を服用するだけでなく、食事療法や運動療法などの生活習慣の改善が重要です。実際に、肥満の解消や減塩、ストレスからの解放などの生活習慣の改善によって血圧が下がり、薬の量を減らせる場合や、薬がいらなくなる場合もあります。
降圧薬は、生活習慣の改善だけでは不十分な場合に、高血圧を改善し、脳卒中などの脳血管障害や心疾患を予防するのに有効な薬です。降圧薬には作用の仕方、強さ・効き目の長さなどの違いでさまざまな薬があります。医師は患者さんの症状を考慮し、適した薬を必要な量処方されますので、自己判断で薬を減量・中止しないようにしましょう。もし、何か気になる症状が認められた場合には、できる限り早く主治医に連絡し、具体的な指示を受けるようにしましょう。