Q
8.
薬局・薬店で買った胃腸薬は食事からどれくらいの時間をあけて飲んだらよいの?
A

胃腸薬には健胃薬、消化薬、制酸薬、胃粘膜保護・修復薬、鎮痛鎮けい薬など多くの種類があり、作用の仕方により飲む時間も異なります。また、一つの作用しかない薬もあれば、作用の異なるものを幾つか組み合わせた薬もありますので、薬の説明書をよく読んで服用するようにしましょう。
胃腸薬の種類には、胃の働きを活発にして胃液の分泌を促す健胃薬、食べ物の消化・吸収を助ける消化薬、胃酸の分泌を抑えたり胃酸を中和する制酸薬、胃粘膜の炎症を起こしている部分を修復したり、保護膜を作ったりする胃粘膜保護・修復薬、胃酸の分泌や胃の異常な緊張を抑え、きりきりした胃の痛みを抑える鎮痛鎮けい薬などがあります。
胃腸薬服用の時間帯については、健胃薬は、食欲が低下した場合には食前に、食べ過ぎや胃もたれには食後に服用します。また健胃薬のなかにはドリンク剤もあり、これは食べ過ぎ飲み過ぎで胃もたれや不快感のある場合で必要なときに服用します。
消化薬は、消化酵素だけのものと、健胃薬を組み合わせた健胃消化薬がありますが、その働きから食事のすぐ後(食直後)の服用がお勧めです。

制酸薬および胃粘膜保護・修復薬は、胃の中に食べ物が無い空腹時や深夜での胃酸の分泌や働きを抑えるために、食間および就寝前に服用するのが効果的と言われています。ただ、これらの薬は消化薬や鎮痛鎮けい薬と組み合わせているものもあり、食欲が無くて食直後に痛みや不快感のある場合には食後に、食欲があって空腹時に痛みや不快感のある場合には食間に服用するなど、使い分けられています。
なお、食前とは食事の約30分前を、食後とは食事が終わってから約30分以内を、食間とは食事中に服用するのではなく、食事と食事の間で食後2時間位経ってからのことをいいます。