Q
3.

薬を飲む時間は決まっているの?

A

薬を飲む時間には食前、食後、食間等がありますが、それぞれは以下のようにきちんとした意味があります。医師・薬剤師等の指示または説明書の通りに飲むことは、薬の効果と安全性を保つうえからも大切なことです。

食前とは、食事の約30分前のことをいいます。
食前に飲む薬は、すぐに食べ物が入ってきますので、胃の調子を整える薬や、食べた後の吐き気を事前に抑える薬などが該当します。

食後というのは、食事が済んで約30分までのことをいいます。
食後の服用は、飲み薬のなかでもっとも多くみられる服用方法です。胃の中に食べ物があることで、薬が胃を荒らすのを防ぐ意味もあります。食後すぐでもいいのですが、薬の吸収を考えると約30分以内がよいとされています。もし、何らかの理由で食事ができなかったときでも、パンを一切れ食べるだけで、食後に近い状態となり、胃の保護につながります。また、消化薬やビタミン剤のなかには食事の直後に飲む方が効果的なものもあります。

食間とは、食事と食事の間、それも食後2時間くらい経ってからのことをいいます。決して食事中に服用するという意味ではありません。
食後2時間くらいになると、前に食べた物が消化され、胃の中が空に近い状態になります。薬の吸収が食事の影響を大きく受けるような薬は食間に適しています。

これらの「食前」、「食後」、「食間」の他に、「起床時」、「食直前」や「就寝前」など、特別な指示のある薬もあります。