Q
2.

水以外の飲み物で薬を飲んでもよいの?

A

水やぬるま湯がないときに、それ以外の飲み物、例えば、ジュース、コーラ、牛乳、お茶、コーヒー、スポーツ飲料等で薬を飲んでもよいかということですが、一概にはいえません。
薬と飲み物にも、飲み合わせが悪いもの(相互作用)があります。したがって、薬は水かぬるま湯で飲むようにし、医師・薬剤師等から特別な飲み方の指示があった場合を除き、そのほかの飲み物で服用するのはできるだけやめましょう。
水やぬるま湯以外の飲み物で薬を飲むと、薬の吸収が遅くなったり効き目も弱くなるという場合があります。また、逆に薬の作用を強くする場合もあります。
例えば、解熱鎮痛剤のアスピリンを、コーラといっしょに飲むと、水で飲んだときよりも明らかに効き方が遅くなることがわかっています。
便秘薬のなかには、牛乳といっしょに飲むと、効果がなくなってしまうものもあります。こうした便秘薬には、市販のものでも、牛乳では飲まないようにと注意書きがあります。
 グレープフルーツジュースの場合、そのジュースの中に含まれている成分が、ある種の血圧を下げる薬や花粉症の薬などの作用を強くして、思わぬ副作用が現れることが知られています。
 また、コーヒー、紅茶、日本茶などに入っているカフェインには興奮作用があり、鎮静剤をこうした飲み物といっしょに飲むと、効果が弱くなることがあります。